丹羽SOD専門店。丹羽先生開発の丹羽SOD様食品、Niwana(ニワナ)とルイボスTXの正規取扱い店

丹羽SODニワナ(Niwana)/丹羽SODルイボスTX 丹羽SODの専門店ニワフレンズWebショップへようこそ!

当店はニワカンパニー正規代理店です。高知県土佐清水病院院長 丹羽耕三(靭負)先生が開発したSOD様食品だけを販売しております。


ホーム

● 丹羽SOD開発者 丹羽耕三(靭負)先生プロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丹羽SOD Niwana〜ニワナ〜 開発者


 丹羽 靭負(耕三)
 昭和7年生まれ
 昭和37年京都大学医学部卒業 医学博士
 丹羽免疫研究所所長
 土佐清水病院院長
 発癌の大きな原因の一つである活性酸素とその防御酵素であるSODの研究を臨床家として国内は勿論世界的にも最も早く手掛け、この分野の研究の世界的権威。

 SODなどの生体防御の研究論文が「Blood」を始めとする著名な英文国際学雑誌に数多く発表され、その数は70編を越す。
 国際医学専門誌(Biochemical Pharmacolog)への投稿論文の審査員でもある。

 国内ではベーチェット病・リューマチ・アトピー性皮膚炎や数多くの癌の原因を活性酸素の異常から解明し、これらの治療に自然の植物・穀物を独自に開発した特殊な加工を施すことで製造した抗癌剤とは異なる副作用の無い真に有効な天然の治療薬を用い、大きな治療効果を上げている。
 特に最近は激増化・重症化・成人化するアトピー性皮膚炎を、劣悪化する環境汚染に基因すると指摘し、また、患者の遺伝子レベルの研究により、近い将来の重症アトピー患者の癌化可能性を警告し注目されている。

 主著に『天然SOD製剤がガン治療に革命を起こす』(廣済堂出版)『激増 活性酸素が死を招く』(日本テレビ)『水 いのちと健康の科学』(ビジネス社)等がある。

 1970年代より「活性酸素とSOD」についての研究を進められ、1979年には初めての論文を発表。
 1983年頃より天然の種子や植物を原料とした抗酸化を用いた治療をはじめられ、その後「遠赤外線焙煎・醗酵・油剤化」という特殊加工の開発に成功。

丹羽SOD様食品 Niwana(ニワナ)が完成する。

丹羽SOD ニワナ については、
⇒こちらから


 80歳を超えた現在でも、土佐清水病院を拠点に、新横浜駅前クリニック・大宮駅前診療上・新大阪診療所・名古屋診療所・福岡クリニックを中心とした全国各所で、癌・膠原病・リウマチ・難病などの内科疾患、アトピー・乾癬などの皮膚科症状など、多くの患者様の治療に従事している。

丹羽診察・土佐清水病院や各地の診療所については、 ⇒こちらから

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201812
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
20191
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日    定休日    イベント